カテゴリー | 健康情報

9 7月 2013

尿もれを防止して改善するいくつかの方法

尿もれに悩んでいる人は意外と多いようです。くしゃみをしたときやちょっと力を入れたときなどに発生して、困ってしまうことが多いですね。直し方や防止の仕方などにはいろいろな方法があるようで、そのうちのいくつかを紹介したいと思います。

まず、自分ひとりで簡単にできるのが、骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。トレーニングといっても大げさなものではなくいつでもどこでもできます。それは、おならを我慢するのと同じ要領でお尻の穴に力を入れる方法で、尿道の締りがよくなるといわれています。数回から10回くらいの繰り返しを1セットとして、1日に5セット以上やってみてください。これを毎日、数ヶ月つづければ尿もれが改善するのを実感できます。

他にも防止の効果があるのは漢方やサプリメントの服用で、市販で効果のあるものが販売されています。内蔵のトラブルや冷えが尿もれの原因であるときに、これらを使うのが効果があって、お医者さんが薦めてくれるものもあります。副作用がある場合も考えられるので注意が必要ですが、こちらも数ヶ月ていどで効果が確認できることが多いようです。ひとことで尿もれといってもいくつかの原因が考えられるので、恥ずかしがらずに問診を受けるのが最初に必要かもしれませんね。